メニュー

虫歯治療

◆menu◆

できるだけ歯を削らない、
痛みの少ない治療を心がけております

歯を失う原因の多くは虫歯と歯周病です。特に虫歯は強い痛みを伴いやすく、痛みを感じる段階ではかなり進行した状態である可能性が高いです。放置するほどに抜歯せざるを得ないほどの深刻な状態へと陥り、肉体的にも精神的にも多大なるダメージを受けることとなります。早期に異常を発見し、適切な治療を開始できることこそが虫歯治療においてはとても重要となります。当院の虫歯治療はできるだけ歯を削らない、痛みの少ない治療を心がけております。虫歯でお悩みの方はぜひ当院までご相談ください。

虫歯になるメカニズムとは

虫歯でお困りの患者さんは決して小さなお子さんばかりではなく、大人の患者さんも非常に多いです。虫歯は口腔内に棲むミュータンス菌がその主な原因となります。誰の口の中にも存在している菌であり、特に糖分などの甘いものが大好物です。飲食によって汚れた歯の表面は、時間の経過とともにネバネバとした状態になります。このネバネバ(プラーク)こそがミュータンス菌が活発に動き出した証です。ミュータンス菌が出す酸によって私たちの歯の表面は徐々に溶かされます。その状態が長く繰り返されることによって、いずれ神経部分にまで到達するほどの浸食を招きます。強い痛みを感じるようになって初めて私たちは虫歯ができたことに気づかされるのです。その他にも唾液量や体質、喫煙や生活習慣の乱れなど虫歯の発生には大きく関わっている要因がさまざまあることがわかっています。

できるだけ歯を削らない「残す治療」をモットーに―

虫歯を作らないためには普段からの意識の高い予防こそが基本となります。しかしながらすでにできてしまった虫歯を食い止めるためには、できる限りその部分を除去する必要があります。程度にもよりますが、当院では健康な部分は最大限残すための治療を心がけております。痛みを感じやすい神経部分もできるだけ残すよう検討させていただいております。神経を除去してしまうことは、歯そのものの寿命を短くすることにも直結します。最小限の治療を実現するためにも、数か月に一度の検診などの機会を利用し、早期に異常に気づけるための体制作りをあわせて行う必要があります。

虫歯の進行レベルについて

早期の段階ほど歯に負担をかけずに治療を進めることができます

虫歯の進行にはさまざまな段階があります。進行レベルが進むほどに耐え難い痛みを伴うようになり、治療法や治療期間、必要となる治療代にも大きな差を与えることとなります。

C1 初期の虫歯は歯の表面にある固いエナメル質が浸食されることで始まります。ご本人はまだ痛みを感じない段階ではありますが、この時点で早期に異変に気づき、治療を開始できることが非常に重要です。
C2 歯の内部の象牙質部分にまで虫歯菌が浸食し始めます。冷たいものや甘いものなどがしみるようになることで、ご本人は痛みや違和感を訴え始めます。象牙質部分は外のエナメル質より柔らかいため、進行スピードも一気に加速します。
C3 神経部分にまで虫歯菌が到達します。激しい痛みを生じるようになり、一般的には歯を大きく削る治療や根幹治療が必要となります。
C4 歯のほとんどが失われ、ご本人はすでに痛みを感じない段階となります。そのため多くは抜歯が選択されます。失った歯の機能回復には入れ歯やインプラントなどの治療が必要となります。

治療の経過については各種検査結果をもとに
わかりやすくご説明させていただきます

治療にあたってはレントゲン写真や各種データなどをもとに段階を追ってわかりやすくご説明させていただきます。患者さんの思いやご希望をしっかりとお伺いしたうえで治療を開始させていただきますので、ご不明点やご質問等ございましたらお気軽に医師やスタッフまでお問いあわせください。

治療の際の痛みを最小限に抑えるための工夫

当院では治療の際に生じる痛みを最小限に緩和するため、さまざまな取り組みを行なっております。

表面麻酔

表面麻酔薬を歯肉表面に塗布することで注射針を刺す瞬間の痛みを緩和します。

極細の注射針を採用

注射する際の痛みが最小化されます。

麻酔薬の注入スピードのコントロール

注射器から注入される麻酔薬の速度も急であるほど痛みが強まります。当院では医師による注入スピードの調整を行っております。

治療の流れ

虫歯の進行度や程度によっても異なりますが、大きく歯を削る必要があると診断された場合には、削った部分に樹脂を詰めたり金属の被せ物をすることでその部分を補う必要があります。>>詳しくはこちら

噛み合わせや将来的な歯の動きなども考慮させていただいたうえで、患者さん一人一人に最適な治療法をご提案させていただきます。

小さなお子さんには治療前の優しいトレーニングから

小さなお子さんほど初めての治療に恐怖心や苦手意識を強く持たれます。例えば治療機器から出てくる水や風、キーンという独特な機械音などに敏感に反応されるお子さんは非常に多いです。当院では治療を始める前に、まずは治療に用いる道具を知っていただくための時間をじっくりと設けております。大切なケアへの第一歩を前向きな気持ちで踏み出せるように、さまざまな工夫を凝らして応援させていただきます。親御さんたちとも随時連携を図りながら、無理のないペースで少しずつ治療を進めさせていただければと思います。

早期に虫歯を発見できる体制づくりを
行うことはとても重要なことです

虫歯や歯周病の治療においては深刻な状態になる前に早期に異常に気づき、危険を回避する対策を講じることこそが最大のテーマとなります。歯を失うということは、想像以上のダメージとストレスを抱えることにつながります。末永くご自身の歯で健康的な毎日を過ごしていただけるように、定期的なメンテナンスの機会を設けるという体制づくりをぜひ整えていただきたいと思います。当院では予防歯科にも力を入れて取り組んでおります。歯科衛生士によるブラッシング指導などもあわせて行っておりますのでどうぞご活用ください。

虫歯の予防法

ご自身のブラッシングが1番の予防です。

歯科医院では、正しい歯磨き方法や歯磨きしやすいお口の状態を作っていくようお手伝いします。
また、定期的に検診してレントゲンやお口の中を検査して、予防や虫歯の早期発見を行なっていく事が大事です。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME