メニュー

歯ぎしり

◆menu◆

歯ぎしりについて

  1. 無意識で寝ている時に上下の歯をこすり合わせてしまうこと。
  2. 歯ぎしりは、歯や顎を痛める原因になります。
  3. 原因ははっきりしていませんが、ストレス、飲酒、睡眠不足などが考えられます。

歯への障害

健康な歯がすり減ってしまい、しみやすくなります。
また、歯が折れてしまったり歯の寿命を短くしてしまいます。

歯の周りへの影響

歯が揺さぶられることで歯周病が進みやすくなります。
歯がグラグラしていると注意です。

顎関節への影響

顎の痛みや顔のこわばりが出ます。
ひどい時は口が開かなくなります。

歯ぎしりセルフチェック

  1. 歯がすり減ってきている
  2. 歯が平らになってきている
  3. 歯がゆれる
  4. 歯がしみる
  5. 周りの人に歯ぎしりを指摘された事がある
  6. 朝起きた時口が開きにくい
  7. 朝起きた時顎が疲れている
  8. 歯ぎしりの音で起きてしまう

歯ぎしりの種類

① グラインディング

顎を左右にずらしてこすり合わせている

② クレンチング

強い力で噛み締めている状態が続いている

③ タッピング

カチカチ噛み続けている

歯ぎしりの治療の流れ

① マウスピースを作る

型をとって歯ぎしり用のマウスピースを作ります。

② 使っている感じを確認

寝ている時に着けていられるかチェック

③ 3ヶ月ごとに穴があいたりしていないかチェック

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME