メニュー

おやしらず②

[2022.01.07]

 

太古の昔、ヒトもかつては親知らずが正常に生えていました。

 

大昔のヒトの食生活は、「煮る」「焼く」などの調理技術が乏しく、木の実や生肉など硬いものをかじって食べる習慣が一般的でした。 

 

硬いものを噛み砕く力を得るために顎が大きく発達し、親知らずの生えるスペースができるため正常に生えやすい状態でした。

 

しかし、時代を経ていくにつれ、柔らかく調理する技術や栄養状態の改善、西洋食の文化が進み、現代人の顎は小さく進化したとされる説があります。

 

調理技術が乏しいといえば、私は全く料理ができないのですが、一度だけ焼きそばを作った時水を大量に入れすぎて、炒めすぎてしまい、箸で持っただけでボロボロに崩れてしまう様な、離乳食用の焼きそばができました。

 

HOME

ブログカレンダー

2022年7月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME