メニュー

入れ歯(総義歯・部分義歯)

使用感や目的に応じて
ご自身にとっての最適なものをお選びください

◆menu◆

入れ歯とは

入れ歯とは失われた歯の機能を取り戻すための治療のひとつです。ご自身で自在に取り外しができる点がその大きな特徴です。入れ歯には大きく分けて保険適用のものと保険適用外(自由診療)のものとがございます。それぞれメリット・デメリットがあり、使用感や目的に応じたものをそれぞれお選びいただければと思います。

当院で取り扱っている入れ歯の種類

当院では以下の3種類のものを取り扱っております。

保険適応で作成できる入れ歯(プラスチック)

レジン(プラスチック)を使用した入れ歯となります。保険適応となるため比較的安価に作成できる点が最大のメリットです。初めての入れ歯となる方が選択されることが多いです。ただし、プラスチック素材であることで衝撃やゆがみに弱く、汚れもつきやすいため耐久性は劣ります。違和感を感じやすく、食事や会話の際に不具合を生じることが多いです。

保険適応外となる金属を使用した入れ歯(金属床)

主要部分に品質の良い金属を使用した入れ歯となります。保険適応となるレジン(プラスチック)と比べると強度などの耐久性に優れています。レジンの3分1程度にまで薄くできるため、食事や会話の際の違和感を解消することができます。ただし経年劣化に伴い、金属そのものの変色や不具合を生じることがあります。金属アレルギーの方は使用できません。保険適応外となるため高額になります。

保険適応外の審美性を重視した入れ歯
(ノンクラスプデンンチャー)

金属を使用しない入れ歯となるため金属アレルギーの方も安心してご使用いただける入れ歯となります。食事や会話の際の違和感も少なく、柔らかい素材でできているため見た目の美しさを重視されたい方におすすめです。止め具部分にもプラスチックを使用しているため、金属のものと比べるとどうしても折れやすく、修理が難しいというデメリットがあります。保険適応外となるため高額になります。

治療の流れ

①まずは口腔内の状態確認と
患者さんのご要望をしっかりとお伺いいたします

患者さんのご希望イメージに最も近い入れ歯を作成するため、しっかりとお話をお伺いしたうえで検討いたします。すでに使用されている入れ歯がある場合には、お困りになられている内容などを具体的にお聞きし、口腔内の状態とあわせて詳細に検討させていただきます。

②ご希望の素材をお選びいただき、
治療計画に沿って作成を始めます

レントゲンや型取り、各種検査結果を通じてまずは精巧な模型を作成します。噛みあわせなどを都度確認しながら修正を重ねます。

③完成後には手入れの方法や保存方法、
口腔内のケアについて詳しくご説明させていただきます

④使用されて日が浅いうちは調整にお越しください

装着時の痛みや不具合の有無についても入念に確認させていただきます。

⑤定期的にメンテナンスの機会を設け、
適合具合や噛みあわせなどを都度確認させていただきます

時間の経過とともに入れ歯も変化します。隙間ができていないか、正しい噛みあわせができているかなど定期的な確認があわせて必要となります。

まずはお気軽にご相談ください

失った歯を長く放置してしまうと歯並びが悪くなったり、全身の健康状態にも深刻なダメージをもたらす危険があります。ご予算やご要望に応じて一人一人の方にとっての最適なプランをご提案いたします。まずはお話しだけといった場合にもどうぞお気軽に医師やスタッフまでお声がけください。

 

1ヶ月程の通院で完成するので、通院が少なくてすみます。
体への負担が少ない治療なので安心して受ける事が出来ます。
入れ歯は毎食後外して水洗して下さい。
就寝時は入れ歯を外して、水や洗浄剤につけて保管して下さい。

メンテナンス

入れ歯がゆるくなったり、痛みが出たら調整が必要なので来院していただきます。
また、3ヶ月に1度のメンテナンスをお勧めします。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME